投稿日:

脱毛を挫折してしまう原因とは?始める前に知っておきたいポイント

せっかく脱毛を始めたけど、挫折してしまった…。そんな経験がある人も少なくないようです。これから脱毛を始めたいけれど途中で挫折してしまったらどうしようと考えている人に、そうならないためのポイントをご紹介します。

重要なポイントは、脱毛の痛みです。脱毛の施術では個人差はありますが肌に刺激を感じます。特にクリニックで行っているレーザー脱毛は効果が高い代わりに痛みも強く、痛みに弱い人は挫折する原因になります。サロンの光脱毛は威力が低めですが痛みが少ないため、痛いのが苦手という人はサロンに行くほうがいいでしょう。

また、通うのが面倒くさくなって挫折してしまうという人もいます。脱毛は一回で終わるものではなく、2~3か月おきに何回も通わないといけません。これは毛周期というムダ毛の生えるサイクルが関係しているため、どのクリニックやサロンでも大体同じです。1年以上通うとなると結構大変で、最初は頑張っていてもだんだんやる気がなくなってしまうのもおかしくはありません。脱毛サロンランキングによると、続けるには生活圏にあって通いやすいお店を選んだり、店員さんやお店の雰囲気が自分に合っていて通うのが嫌にならない所を選ぶといったポイントもありますが、最終的には本人の気持ち次第です。

永久脱毛にはどのようなリスクがあるの?

永久脱毛はリスクが多い?

肌を露出する季節になると、ワキや腕、足などのムダ毛が気になりますよね。
毎日処理をするのも時間が掛り、永久脱毛をして完全に毛をなくしたいと思う人もいるでしょう。

しかし、永久脱毛はどのように脱毛するのか?また何かリスクはあるのか?
気になることも多くあると思います。

そこで、ここでは永久脱毛についてお教えします。

まず、永久脱毛の方法ですが、光脱毛やレーザー脱毛とは違い、肌に光を当てていく訳ではありません。
毛穴にプローブという針を刺して、そこに電気を流すことで毛根に熱が伝わり毛乳頭を破壊していきます。
光を当てていく脱毛方法に比べて、永久脱毛は確実に毛根を破壊することができるので、
施術した毛穴からは二度と毛は生えてきません。

永久的に毛が生えてこないので、とても優れた脱毛方法のようにも思えますが、針を皮膚に刺して施術をしていくのでやはりリスクが伴うのも事実です。

どのようなリスクがあるかというと、腫れや赤みが出ることが一番多いです。
ただし、数日すると引いてくるのでそこまで心配はいりませんが、ずっと続く場合には
病院に行った方が安心です。

また、永久脱毛は痛みが強いので、契約する前に一度パッチテストをして、今後脱毛を続けていくことが可能かどうか確かめた方が安心です。

永久脱毛が難しい人は、どの脱毛方法を選ぶべき?

永久脱毛は一度処理をすると毛が永久的に生えてこなくなるというメリットがある反面、施術じたいはリスクが高くなります。
肌が弱く、敏感肌の人は永久脱毛では肌トラブルを起こしてしまう施術できないという人もいるでしょう。

そのような人には、どのような脱毛方法が向いているのかオススメの脱毛方法を2つ紹介します。

①「SSC方式脱毛」
このSSC方式脱毛は光脱毛になります。
ミュゼプラチナムや脱毛ラボがこの方法を採用しています。
冷たいジェルに光を照射することで、ジェルの中にある抑毛成分を毛穴に浸透させ抑毛していきます。
そこまでお肌にも刺激を与えないので痛みも少なくお肌にも優しいです。

②「蓄熱式脱毛」
最近話題となっているのがこの蓄熱式脱毛です。
ディオーネ、ラココ、湘南美容外科クリニック、リゼクリニックなどで受けることができます。
ただし、光脱毛とレーザー脱毛で多少効果に違いがあります。
黒いメラニン色素ではなく、毛の浅い部分にあるバルジ領域に弱い光で刺激を与える脱毛方法なので、お肌に優しく痛みもほとんどありません。
また、産毛にも効果的で、日焼け肌の人でも脱毛できるメリットがあります。

このように、永久脱毛をしたいけれど、肌が弱い、敏感肌などで受けるのが難しい人は、他にも効果的な脱毛方法があるので検討してみて下さい。